HITOWAキッズライフの求人採用サイト 保育

保育士のための保育ネタ図書館

おすすめゲームシリーズ~ぞうさんくものす 2017.03.17

画像1

数を自然に学べる遊びを教えてと、保育園の保育士たちにリクエストしました。
身の回りに数はたくさんある。けれど、意識するかしないかで、子どもの数の認識は大きく違ってくる。
遊びで数を身近にする引出しをふやしましょう。

「ぞうさんくものす」

ひとりのぞうさん (右足を斜め前に出して引っ込める動作を2回繰り返します。・・・○)
くものすに (左足を斜め前に出して引っ込める動作を2回繰り返します。・・・●)
かかって (前方に一回ジャンプ。・・・△)
あそんで (後方に一回ジャンプ。・・・▲)
おりました (前方に三回ジャンプ。・・・☆)
あんまり ゆかいに(○)
なったので(●)
もひとり(△) 
おいでと(▲) 
よびました(☆)
ジャンケンポン(相手をさがしてじゃんけんする。負けたら相手の肩に手をのせて後ろにつく)

ふたりのぞうさん・・・ジャンケンポン
さんにんのぞうさん・・・ジャンケンポン
・・・
みんなのぞうさん くものすに
かかって あそんで おりました
あんまりあそんで あきたので
もうやめましょうと いいました
おしまい


うたの最後でじゃんけんをして、まけたら、後ろにつくというじゃんけん列車のように遊びます。大勢でやると楽しい遊びです。
「みんなのぞうさん」では、先頭の子が一番後ろの子の肩に手を置き、大きな輪になって終了です。
小さなクラスは、歌に合わせてお友達の肩に手をおいて歩くだけでも楽しめます。
かわいらしい歌なので、年齢によって遊び方を工夫できるところがおすすめです。 原園

pagetop