HITOWAキッズライフの求人採用サイト 保育

保育士のための保育ネタ図書館

子どもに読み聞かせたい!MOE絵本屋さん大賞2014・トップ5の絵本 2015.03.06

■第7回 MOE絵本屋さん大賞2014・トップ5

第1位・へいわってすてきだね
(安里有生/詩 長谷川義史/絵)
2013年に沖縄全戦没者追悼式で6歳の安里有生くんが読んだ平和のメッセージが感動を呼び、絵本作家の長谷川義史さんのイラストで絵本化されました。
平和について考えるきっかけとなる、子どもたちに読み聞かせたい絵本です。

第2位・ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ
(工藤ノリコ/作)
シリーズ第1作目の「ノラネコぐんだんパンこうじょう」は「MOE絵本屋さん大賞2013」の第4位に選ばれている、人気の絵本シリーズです。
第2作目となる本作は、いたずら好きなノラネコぐんだんがワンワンちゃんの汽車に乗って大疾走します!
子どもたちがワクワクできる、楽しい絵本です。

第3位・うんこしりとり
(tupera tupera/作)
「こいぬのうんこ」→「こどものうんこ」→「こうちょうのうんこ」、こんな調子でずっと「こ」で終わるしりとりが続きます。
子どもたちにウケること間違いなし!

第4位・うみの100かいだてのいえ
(いわいとしお/作)
第3作目となる人気シリーズ。
本作は海が舞台で、ラッコやイルカといった海の仲間たちがたくさん登場します。
100階建ての家にはどんな生きものたちが住んでいるのでしょう?

第5位・しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん
(高野文子/作)
第5位は同立で2作が選ばれています。
おねしょしちゃうんじゃないかな・・・、怖い夢見ないかな・・・。
そんな不安をしきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさんが暖かく包み込んでくれます。

おおかみだあ!
(セドリック・ラマディエ/文 ヴァンサン・ブルジョ/絵)
絵本をめくるとそこには黒いオオカミが!
本を傾けてオオカミを転がしたり、振り落としたり、オオカミから逃げるドキドキ感が楽しい絵本です。

画像1
pagetop