HITOWAキッズライフの求人採用サイト 保育

保育士のための保育ネタ図書館

子どもを自然にクラスになじませるには? 2015.03.25

■クラスになじまない・・・
保育園やクラスになじむまでの期間は子どもによって変わります。
すぐになじめる子もいれば、なかなかなじめない子もいます。
最初はなじんでいても、後からなじめなくなる場合もあり、子どもによってケースバイケースです。
朝、保育園に行きたくないと子どもが大泣きして困っているお母さんも多いかと思います。

■安心させる
子どもが大泣きしたり、保育園になじめないのはお母さんと離れて不安であるからです。
保育園はお母さんがいなくても安心できるところなんだよと、安心させてあげましょう。
急にはなじめなくても、少しずつ一歩ずつ、安心できるところを分かると徐々に次第になじんでいきます。

■自由に友だちづくりをさせる
子ども同士は自然と仲良くなっていくものです。
大人が子どもの友だちづくりをお膳立てするよりも、自然に仲良くなるのを見守る方がなじめるかと思います。
助け舟を出すならさりげなくきっかけをつくってあげ、子どもにプレッシャーを与えないようにしましょう。

子どもによっては一人遊びをしている方が楽しい時もありますし、周りの友だちが気になって声をかけてくれますので、焦って無理に友だちづくりをさせようとしない方が自然とクラスになじんでいけることでしょう。
一人遊びで楽しそうなら、今はそれでいいのではないでしょうか。
大人数で遊ぶ方が楽しい子もいれば、友だちと一対一で遊ぶのが楽しい子もいますし、一人遊びをしたい子もいます。
子どもそれぞれの個性や得意・不得意を見てあげましょう。

■プレッシャーをかけない
今はクラスになじめなくても、ふとしたきっかけでなじむようになります。
友だちづくりもそうですが、ほんとにささいないことで仲良くなったりなじんだります。

大人は知らず知らずのうちに子どもにプレッシャーをかけてしまっていることがあります。
子どもになじみなさい!仲良くしなさい!とプレッシャーを与えるのは逆効果にです。
無理に友だちの輪に入れせさせるより、子ども同士で自然に仲良くさせるほうが早くなじめます。

画像1
pagetop