HITOWAキッズライフの求人採用サイト 保育

保育士を目指す方必見!学びガイド

勉強と学問 2016.12.07

保育士が、子どもと笑い合っている保育園の現場に行くのは心地よい。
「遊んでいられて、いい仕事だね」とよく言われる。
そのとおり、いい仕事だけれど、遊んでいるだけではないと声を大にして伝えたい。

皆さんは今、保育士になるために、学校で一生懸命「勉強」していますよね。
「勉強」はとても大切。
そして、保育園に入ったら「保育」の「学問」をしてほしいと思っている。

さて問題です!
「勉強」と「学問」ってどう違うでしょうか?

「勉強」を分解すると、強いて勉める。知識や技能を身に付ける為に、努力して学ぶこと。
答え=正解を出すために学ぶこと。
だから、今皆さんが学校でしているのは「勉強」
一方で「学問」を分解すると、問いをたてて学ぶ。大切なことは、どういう問いを立てるかということ。
問いに対して、応える。応答することが大切です!
だから、就職したら「学問」です。

ニュートンは、リンゴが木から落ちるのを見て万有引力の法則を発見しました。
アダムとイブの時代からあるリンゴは、有史以来たくさん、たくさん落下したはず。
ただ、その落下するリンゴをみて「なぜ?」と問いをたてたのがニュートンだった!

保育園には問いが満載。だって、予測不能な子どもたちが多数在籍しているから。
「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」
就職してからの「学問」が良い保育士を作っていく。
だから「学問」できる環境を作っているのは良い保育園。
保育園見学に行ったら「研修制度がありますか?」ぜひ聞いてみてください。

原園

画像1

■太陽の子保育園・わらべうた保育園の研修制度について
外部講師による研修から、経験や階層・職種によるレベル別研修まで、計画的に必要なスキル・知識を習得します。多彩な研修200のプログラムで、保育の質の向上、自己成長を目指します。

pagetop