HITOWAキッズライフの求人採用サイト 保育

保育士を目指す方必見!学びガイド

保育士を辞めたい新卒保育士に自問自答してほしい3つのこと 2015.03.23

■保育士を辞めたい・・・
就職できたのはいいものの、理想と現実のギャップで板挟みになり、退職しようかと悩んでいる新卒者は多いかと思います。
保育士に限らず、1年目以降も仕事を続ける気持ちがあるかは新卒者の大きな悩みです。

自分が思っていた内容の仕事ではなかった、職場の人間関係がうまくいっていない、自分のミスで信用をなくしてしまったなど、新卒で辞めたいと考える理由は人それぞれあることでしょう。
辞めることで悩みは解決されるかもしれませんが、本当に辞めることが最良の選択なのか、辞める前にじっくり考えることが必要です。
辞めることを決断する前に、最低でも以下の3つは自問自答し、自分の答えを確認してから退職するかを決めましょう。

■辞めるに値する理由であるのか?
その悩みがどれぐらい自分にとって負担になっているのかは本人にしか分からないことですし、人が平気なことでも自分にとっては耐え難いこともあります。 しかし、それは本当に辞めるに値するだけの理由であるのか、今一度よく考えてみましょう。

なりたくてなった保育士の仕事を辞めるという選択肢は、自分にとって今できる最良の選択肢なのか?と自問自答し、答えがNoならもう少し頑張ってみたり、誰かに相談してみてはどうでしょう。

■逃げになっていないか?
どうすることもできない状況では逃げることも必要です。
しかし、辛い、しんどいという理由だけで辞めたいと思うのは、ただの逃げになっているかもしれません。

どんな仕事でも辛いこと、しんどいこと、嫌なことはあります。
そんな時は、辛いこと以上にその仕事の良い部分を見つめてみると、もう少し頑張ってみようという気になります。
保育士は子どもの喜んだ顔や成長する姿を見れるのが一番のやりがいです。
そのことを思い出し、逃げで辞めたいという思う気持ちになっていないか、今一度考えてみてください。

■保育士を辞めた後の就職
保育士を辞めるということは、別の就職先を探さなければならないということになります。
人間関係で悩んでいるなら別の保育園でもう一度保育士という仕事を頑張るのか、それとも保育士自体を辞めてしまうのか、よく考えてから決めましょう。

pagetop