HITOWAキッズライフの求人採用サイト 保育

保育士を目指す方必見!学びガイド

パートで保育士として働ける保育園 2015.03.30

■保育士は正社員だけじゃない
保育士は正社員だけではなく、パートとして働くこともできます。
子育てをしながら勤めたい方は、パートで働いてみることも検討されてはいかがでしょう。
子育て経験は保育士としての仕事のプラスになりますし、出産・育児のために一度保育士という仕事から離れ、また保育士に再復帰されている方はたくさんいらっしゃいます。
保育士資格をお持ちであれば、パートの保育士として働けるので、パート募集もチェックしてみましょう。

■保育士パートで働くメリット
パートで働くメリットは、正社員より時間の都合がつけやすい点です。
勤務時間は平均4時間ほどなので、無理せずに家事・育児と仕事の両立ができます。
朝か夕方かいずれかの出勤であったり、曜日は応相談で募集している保育園が多いので、出勤曜日を選んだり、子どもが学校へ行っている間だけ働けます。
保育士パートは基本的にはシフト制なので、日や時間ごとに交代で出勤します。

■保育士パートの社会保険
待遇面では正社員の方が当然良くはなりますが、パートでも社会保険はありますし、有給休暇も利用できます。
子どもが急に熱が出て出勤できないこともあるかと思いますので、有給休暇があるのとないのとでは大きな違いがあります。
有給休暇は出勤時と同じように給料が発生するので、有給休暇を使えるのは収入面でもかなり大きいと思います。
待遇や条件は保育園によって異なりますが、正社員と同じように産前産後休暇、育児休業、介護休業などをとれる保育園もあります。

■無資格では保育士として働けない?
保育士資格を有していなければ保育士を名乗ることはできませんが、保育補助という形で働くことは可能です。
保育補助の場合は職業の名称として保育士を名乗ることはできませんが、保育補助を募集している保育園もたくさんあります。
保育補助で働いて経験を積みながら、保育士資格の取得を目指すのもひとつの選択肢です。

pagetop