長谷川キッズライフの求人採用サイト 保育

主任保育士・園長向け!実践ノウハウ

食べ物で窒息死103人 2017.03.20

画像1

14歳以下の子どもが食べ物を気管に詰まらせ、窒息して死亡した事故が、2014年までの5年間で103人にのぼったことが、消費者庁の分析でわかった。
窒息死の事故の原因となった食物は、マシュマロやゼリー、団子など菓子類が11人と最多。
その他、餅、すし、チーズ、そうめん、ブドウやパンなど多岐にわたった食物が原因とされている。

3歳児が口を大きく開けた時の大きさは39ミリ。
これより小さなものは窒息死の事故の原因となる恐れがあり、ミニトマトなど丸くて表面がツルッとしたものは特に注意が必要。

保育園の新年度が始まる。
新しい担任、新しい子ども達。
特に新学期は誤食もおこりやすい要注意の時期。
食事には危険があることを、園長、主任は保育士たちに伝え、安全な食事提供の方法を皆で考えてほしいと思う。

原園

pagetop