長谷川キッズライフの求人採用サイト 保育

主任保育士・園長向け!実践ノウハウ

入園式での挨拶例(子ども向け、保護者向け) 2015.03.04

■入園式での挨拶
入園式は新しく入学した子どもたちにとって緊張する行事ですが、入園式の挨拶を任された保育士はもっと緊張しているかもしれませんね。
挨拶というのは最初の印象となるので、保護者の前で挨拶をするというのは、とても緊張しますね。
目安は1~2分ほどですので、長すぎず短すぎない分量が求められます。
入園式の挨拶に迷った時の参考に、挨拶例をいくつか紹介したいと思います。

■入園式の挨拶例
まず「ご入園おめでとうございます」から始まり、次に担当の組と名前を述べ、最後は「1年間、どうぞよろしくお願いします」といった言葉で締めくくります。
悩むのはその間の言葉ですよね。
「子どもたちに向けて」「保護者に向けて」の2つに分け、それぞれの挨拶を考えてみましょう。

【子どもたちに向けて】
・保育園はとても楽しいところです。お友だちと一緒に、元気いっぱい遊んでくださいね。
・今日からみんな◯◯保育園の仲間です。みんな仲良く、そして元気に過ごしてくださいね。
・保育園ではお絵かきをしたり、お遊戯をしたり、お庭で遊んだり、楽しいことがたくさんあります。お友だちと仲良く、先生の言うことをよく聞いて元気に過ごしてくださいね。

【保護者にむけて】
・さて、保護者の皆様、本日はお子さまのご入園、誠におめでとうございます。本日はお子様のご入園、誠におめでとうございます。園での生活について心配なことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください。
・子どもと一緒に成長していきたいと思っています。
・子どもたちと一緒に楽しい思い出をたくさんつくり、みんな仲良く、笑顔が絶えないクラスにしていきたいと思っています。
・子ども同士、時にはケンカをすることがあると思いますが、子どもたちは仲良くなったりケンカしたりしながら成長していきます。
・お子様の成長には、保育園との連携が大切であると考えていますので、保護者様にはお子様の園での生活をしっかり伝えられるよう、最大限努めて参ります。

pagetop